バイオテクノロジー法律業務

バイオテクノロジーとは電子情報産業後に続くスター産業であると喩されていて、我が国の「両兆双星」計画の中 でも、最も重要な計画の一環です。バイオテクノロジーの産業別はかなり広く、試験剤(バイオチップを含む)、 新薬の研究開発(漢方草薬、化学薬品、蛋白質及び/又は遺伝子関係薬物及び薬物選択プラットフォーム)、臨床 実験(CROを含む)、幹細胞応用(組織及び再生工程を含む)、遺伝工学(遺伝子改良作物、動植物新品種)等 があります。

萬國法律事務所はバイオテクノロジー領域において、国内法律事務所ではまれな専門的陣容を有しており、長期に わたりバイオテクノロジー医療法規に尽力している弁護士、バイオテクノロジーと法律の両方の背景を有している 弁護士、及びバイオテクノロジー関係を背景とする特許エンジニアが含まれており、国内外のバイオテクノロジー と研究機構が関係契約及び知的財産権の紛争を処理するのに普段から携わっており、行政機関との交渉も業界で好 評を得ています。

バイオテクノロジー産業は医療突破、倫理規制、私有権保護、公共利益などと衝突する特殊性を有しているため、 業界の直面している問題は、往々にして現行の法規で規範できるものではなく、従って特定の議題は、常に初めか ら解決方法を探す必要があり、即ち、現行法規の解釈以外にも、法令に先立ち、政府機関と業界が共に直面した困 難を解決するのを手助け、更には政府機関にバイオテクノロジー政策の動向及び戦略決定を意見し、業界の需要と 公共利益の維持に資することを期しています。

萬國法律事務所のバイオテクノロジー専門チームは定期的に世界各国のバイオテクノロジー法令の政策及び制度を 検討することにより、当事者が最新情報を手に入れられるよう手助けし、遭遇した困難を解決し、最も完備した サービスを提供します。バイオテクノロジーの領域において、萬國法律事務所の当事者には中央研究院、工研院生 物医学センター、バイオテクノロジー開発センター、動物テクノロジー研究所、各大学研究開発単位及び育成セン ター、及びにその他国内外の有名なバイオテクノロジー会社があります。

萬國法律事務所はバイオテクノロジー関係知的財産権の配置及び管理、特許権及び商標権の取得(前段階の知的財 産局の行政手続及び後段階の行政裁判所での訴訟を含む)、知的財産権の許諾、侵害鑑定及び知的財産権訴訟など を特に専門としており、経験が豊富であり、萬國法律事務所のバイオテクノロジーチームの協力を通し、当事者の 委託した案件を、適当に処理することができ、お客様から深き信頼と評価を得ています。