2022-07-12

当所の謝祥揚パートナー弁護士、呉家欣弁護士、徐曼綾弁護士が、新光医療財団法人新光呉火獅紀念医院の副院長高尚志主治医師、林秋梅主治医師と共著で、〈コロナ禍とポストコロナ時代の医療における法律観〉と題し、講演内容から選りすぐって抜粋して《台北市医師公会報》に発表した。

当所の謝祥揚パートナー弁護士、呉家欣弁護士、徐曼綾弁護士が、昨(2021)年 12 月 17 日に新光医療財団法人新光呉火獅紀念医院のお招きに応じて、「コロナ禍とポストコロナ時代の法的問題」をテーマとする講演を行い、参加した医療従事者から好意的な反応を得ました。今(2022)年 5 月に、新光医療財団法人新光呉火獅紀念医院の副院長高尚志主治医師、林秋梅主治医師と当所の三名の弁護士が共著で、〈コロナ禍とポストコロナ時代の医療における法律観〉と題し、講演内容から選りすぐって抜粋して《台北市医師公会報》第66 巻第 5 期、72頁 から 77 頁に発表しました。ご参考ください。
前の記事 一覧に戻る 次の記事