2022-12-02

国民裁判員法は西暦2023年1月1日から施行されます。新制度が正式に実施される前に、各審級の裁判所では既に模擬法廷が数回本格的に開かれていました。それによって、各界は制度の実施を更に熟知するのみらず、議論百出となっています。

今回、東呉大学法学部が主催する「国民の刑事審判への参加に関する学術及び実務シンポジウム」では、過去に模擬法廷に参加したことがある裁判官、検察官、弁護士、学界の四者を特別に招いて、共同で「準備手続」及び「公判手続」に関するテーマにつき検討を行います。

萬國法律事務所パートナー弁護士謝祥揚、パートナー弁護士陳一銘及びアソシエイトパートナー弁護士蘇孝倫は、台北地方裁判所が本年度(2022年)に開いた模擬法廷に参加したことがあり、それ故、今回の上記シンポジウムのパネリストとして招かれました。

このテーマにご興味のある方は、どうぞ奮ってお申し込みください。このシンポジウムにご参加いただき、ご意見をいただけますと幸いです。
 
前の記事 一覧に戻る 次の記事