2012-02-01

第181期

特別企画-個人資料保護の話題

  • 個人資料保護法は、このように読むべし–企業編
  • 公務機関の個人資料保護法適用の今後の方向と課題-日本の実務経験を参考として
  • 個人資料国際伝送の法規範趨勢の解析
  • コーポレートガバナンス中の個人資料保護と管理制度の確立—直接収集と間接収集の態様から論じる

バイオテクノロジーコーナー

  • 遺伝子の特許性適格-Myraid事件から論じる

法学論叢

  • 職務発明の権利帰属と対価-米国、日本の従業員発明制度の比較分析から、台湾の特許法の関する規定を検討する(下)
  • An Overview of the Recognition and Enforcement of Foreign Arbitral Awards in Taiwan
  • Introduction of Taiwanese Criminal Code for Cybercrime
  • Bilski後の方法の特許の発展—CyberSource Corp. v. Retail Decision Inc.の評価・分析
  • U.S. Corporate Leniency Program for non-U.S. Corporations at a Glance – Study from LCD Price-Fixing Cases
購読を希望される方は、次の三つのリンクから一つをお選びになって、お申込みください。
元照出版-月旦知識庫
法源法律網
華藝線上圖書館
前の記事 一覧に戻る 次の記事