2018-01-22

液晶保護フィルム、ブルーライトをカットする機能がある これは違法!!

去年八月から十一月までに、消費者保護処と標準検証局は十件の液晶保護フィルムを購入した。内八件の液晶保護フィルムには目を保護しうる、網膜を傷つけないなどの表示があった。検証後、確かに十件の液晶保護フィルムにはブルーライトをカットする機能はあるが、未だ医学的にブルーライトと眼疾患との因果関係は証明されていないため、業者が液晶保護フィルムが目を保護しうるという効果を表示すると、商品標示法第六条第一号と薬事法第六十九条に違反する虞(おそれ)がある。

商品表示法第六条第一号「商品の標示は以下の内容を表示してはならない:一、虚偽または誤解を招くこと。」 薬事法第六十九条「本法の薬物に合致していなければ、医療効果があるという旨を表示又は宣伝してはならない。」
前の記事 一覧に戻る 次の記事