2018-02-12

外国専門人材誘致及び雇用法、今月八日から施行される

ホワイトカラーの人材の台湾での就労を誘致するため、外国専門人材誘致及び雇用法を制定した。

内容は次の通りである:

1. 主務官庁が制定した資格を満たすと、外国人特定専門人材は主務官庁に「就業金卡(就業ゴールドカード)」を申し込むことができる。さらに、外国人特定専門人材が台湾に来て最初の3年間は、給与所得がニュー台湾ドル300万元を超えた部分の税金が半減される。

2. 雇い主がいない場合も、外国人特定専門人材は「尋職ビザ」を持って台湾で仕事を探すことができる。

3. 外国人のフリー芸術家は雇い主に雇われずに就労許可を申し込むことができる。

4. 言語に限らず、専門技術や知識がある外国人は塾で授業をすることができる。

行政院は以上の内容を通じて、外国専門人材に職探しの自由性及び転職の利便性を提供することができると期待している。
前の記事 一覧に戻る 次の記事