2018-11-19

越境EC、来年から電子レシートを発行すべき

この数年、Agoda、Apple等の越境ECは、台湾にて事業展開のため、台湾で税籍登記をし、営業税を納付することになる。台北国税局によると、越境ECからの税籍登記の申請は、今年10月25日までに94件が受理したそうだ。

財政部によると、来年から、越境ECは電子レシートを発行しなければならない。ところが、台湾の営業税に関する制度は少々複雑で、外商はその制度に適応するまでには時間がかかり、また、電子レシートシステムを導入する時間も1年半くらいかかるので、来年1年間の指導期間を設け、電子レシートを発行しなくてもただちに摘発せずに、行政指導に重点を置くことにする。
前の記事 一覧に戻る 次の記事