• サイト検索
  • ニュースレター

    皆様に台湾法律の関連情報をリアルタイムにお届けするため、当所は二週毎に無料でニュースレターを発行いたしております。 ニュースレターの配信をご希望の方は、電子メールアドレスと認証コードをご登録ください。

    *右の画像中の数字をご入力してください
  • 日本語
HOME > 弁護士の紹介 > パートナー弁護士 > 林發立弁護士
シニアパートナー林發立弁護士
  • - 商標、著作権、パテント、ネットの法律等
  • - 知的財産権事件
  • - 建設工事及び公共工事への民間参与促進事件
-
国立中興大学法学士

- 台北、台中、新竹、高雄弁護士会
- 台湾弁理士会
- 台湾法学会
- アジア弁理士協会(APAA)
- 国際商標協会(INTA)
- 中華民国ビジネス仲裁協会
- 台湾工程法学会

  • - 仲裁人
     
  • - 弁理士
     
  • - 中華民国弁理士会副理事長、常務理事
    2016-
  • - 中華民国弁理士会台湾と中国大陸事務委員会主任委員
    2014-2015
  • - 財団法人台湾ネットワーク情報センター(TWNIC) ドメインネーム紛争処理コンサルティング委員
     
  • - 台北弁護士会監事
    1999-2002
  • - 台北弁護士会商標、特許、実用新案、意匠法委員会主任委員
    2004-2007
  • - 台北弁護士会立法修法委員会主任委員
    1999-2002
  • - 台北弁護士会弁護士法と弁護士業務委員会主任委員
    2000-2002
【中国語】

《知的財産権関連》
1. 他社への転職、競業禁止と秘密保持条項
2. Internetのメリットと問題—Ticketmaster Corp. v. Tickets.com.inc.「深入連結」案を題材にして
3. A&M Records,Inc.v.Napster,Inc.事件から著作権法修正草案第87条の2を見る
4. インターネットサービス提供者の責任の軽重--我が国著作権法修正草案第87条の2と中国最高人民裁判所の「コンピューターインターネット著作権紛争事件審理に関わる適用法律の若干問題の解釈」の比較
5. インターネットドメインネーム処理メカニズム運営実務と問題
6. 電子サイン法草案第4条及び第9条案
7. モバイルビジネスと取引安全
8. 特許侵害刑事判決観察(一)--均等論の運用と検討(共著)
9. 特許侵害刑事判決観察(二)--禁反言鑑定の必要性
10. 商標法の [使用]とドメインネームに係る競合の問題(共著)
11. 特許侵害鑑定と司法審判実務(一)
12. 「市場調查報告」の行政訴訟における運用--商標法第43条も論じる
13. 台湾におけるドメインネーム紛争の解決メカニズム実務の観察
14. 競業禁止の最近の実務見解再認識
15. 選択の十字路---NapsterからGroksterまで、ezPeerからKUROまで
16. スパイウェアの引き起こすプライバシー権及び機密漏洩問題を直視する
17. 法律サービスと2000年(Y2K)のコンピュータ危機
18. 「均等論」は使えるか?—アメリカ最高裁判所の均等論と禁反言に関する最近の見解 19. 知的財産権二法の歴史的任務
20. アメリカ著作権法の「孤児著作」に関する議題の発展(林發立と謝祥楊共著)
《建設工事》
1. 中小企業が公共工事に参加するモデルの検討
2. 工事契約実物問題論(一)、(二)、(三)、(四)
3. 公共工事BOTについて—民間の交通建設への参入の奨励条例及びその関係規定(一)、(二)
4. BOT方式を導入して公共工事を行なうことについての検討(一)--公共工事BOTの入札 募集の流れと一般工事入札募集の流れの差異性
5. BOT方式を導入して公共工事を行なうことについての検討(二)--リスク分析と管理 のBOTの中での重要性
6. BOT方式を導入して公共工事を行なうことについての検討(三)--プロジェクト融資と 法律顧問の関係任務
7. BOT方式を導入して公共工事を行なうことについての検討(四)--中小型工事請負業者とBOT方式
8. 公共工事紛争処理手続の紹介と検討
9. 融資機構の介入権—主要BOT案例の中で外国融資機構が直面した介入権の問題を中心に
10. WTO、政府調達協定と政府採購法
11. 外国業者と政府採購法関係問題

《その他》
1. 区分所有権者の共同持分部分の使用—司法実務上の見解動向の分析を中心に
2. 分管契約の効力の試論—最高裁判所48年台上字1065号判例と司法院大裁判官令釈字 大349号解釈(共著)
3. マンション管理条例と現有のマンションの法律適用関係
4. 証券取引法第155条第1項第1号と第171条の行為主体に関する試論
5. ロフト問題を探る
6. 債権譲受人も仲裁契約条項の拘束力を受けるのか
7. マンション.ビル管理条例に拠りいかにして法定空きスペース及び屋上の利用権に係る 紛糾を解決するか