• サイト検索
  • ニュースレター

    皆様に台湾法律の関連情報をリアルタイムにお届けするため、当所は二週毎に無料でニュースレターを発行いたしております。 ニュースレターの配信をご希望の方は、電子メールアドレスと認証コードをご登録ください。

    *右の画像中の数字をご入力してください
  • 日本語
HOME > 弁護士の紹介 > パートナー弁護士 > 劉豐州弁護士
パートナー弁護士劉豐州弁護士
  • - 刑事弁護及び告訴
  • - 政府調達事件
  • - 工事紛争事件
  • - 不動産関連紛争事件
  • - 契約紛争事件
  • - 国家賠償事件
-
アメリカインディアナ大学(ブルーミントン分校)法学博士
-
アメリカインディアナ大学(ブルーミントン分校)法学修士
-
国立台湾大学法律学大学院修士課程修了
-
国立台湾大学法学士

- 台北弁護士会
- 台中弁護士会
- 雲林弁護士会
- 台南弁護士会
- 高雄弁護士会
- 屏東弁護士会
- 桃園弁護士会
- 新竹弁護士会
- 花蓮弁護士会

劉豐州弁護士は、1991年国立台湾大学法律学科を卒業し、1994年に弁護士を開業しました。仕事の傍ら、刑事法に対する関心に基づき、国立台湾大学法律学大学院(刑事法学組)に進学し、且つその一年後に、米国インディアナ大学ブルーミントンロースクール(Indiana University School of Law—Bloomington)に進学して、刑事訴訟手続を専門に研究し、2003年に博士学位を取得しました。

刑事法の長期間の研究により、劉豐州弁護士の専門には当然刑事事件の処理を含み、刑事事件の被告人の弁護人または犯罪被害者の告訴(告発)代理人を担当しています。担当した刑事事件の類型には、公務員に関わる、またはホワイトカラー経済犯罪事件等の重大刑事事件が多数を占めています。この外、劉豐州弁護士は相当多くの民事事件も担当しており、特に各種の政府調達事件、工事事件、国家賠償事件の紛争、または不動産またはビジネス契約に関する紛争があり、民事訴訟及び仲裁の豊富な経験を積んでいます。