環境法規制関連実務及び経験

国際社会で環境保護意識が高まっているなか、台湾政府は、ここ数年、各環境保護法規制の制定及び関 係宣伝活動の推進に努力しており、化学品の輸入出、及び環境保護関連事務に関する規制の複雑化、多 様化した傾向が見られます。このため、当所では化学、化学工程、環境工程、環境保護、材料、エネル ギー、バイオテクノロジー分野の専門家及び弁護士により、お客様に十分な法律サービス(Total solution)を提供しております。

当所は、環境法規制の対応を始めとし、関係分野の訴訟においても豊富な経験を有しております。例え ば、国際的に有名なオンライン環境法規制、情報統合プラットホームである

EIATRACKの台湾法の顧問として、台湾における環境、環境保護、グリーンテクノロジの関連法規を統 合、アップデートし、更には最新法規及び制度の宣伝のため、不定期的に関係セクションと提携してセ ミナーを開催しておます。

EIATRACKプラットホームにある台湾環境保護規制関係トピックには、以下のものがあります。
Batteries in Taiwan
Design for Environment in Taiwan
Energy Efficiency in Taiwan
Hazardous Waste in Taiwan
Packaging and Labeling in Taiwan
Product Take-Back in Taiwan
Transboundary Waste Shipments in Taiwan
Restricted Substances Overview in Taiwan
また、当所は政府が公布した最新の各環境法規を随時に把握しております。台湾行政院が部会の枠を越 えて推進するプロジェクトの一つとして、台湾における既存化学物質リストの作成するための台湾既存 化学物質届出制度(Existing Chemical Substance Nomination,ECN)(締切日:2010年12月31日)に 関して、当所は関連法規解説セミナーに積極的に参加しただけでなく、既に多くの当事者に代わり台湾 既存化学物質の届出を代行致しております。環境保全法規に関するコンサルティングの外、当所は水銀 汚泥事件等環境問題をめぐる訴訟事件を処理した経験があり、台湾環境保全関連法規コンサルティング と共に、訴訟事件の処理に於いても豊富な実務経験を有しております。

環境保全をめぐる法律事件は、医療紛争と同様に当該分野に精通した専門家及び当該分野で実務経験を 有する弁護士が必要であり、当該分野の専門家と関連する実務経験を備え持つ当所は、お客様に全面的 で最善なサービスを提供できると信じております。