2018-04-01

第218期

特別企画-自主権

  • 実証方法により裁判所が後見人と保佐人を選定する実態を分析する
  • 後見と保佐宣告下の医療自主権-意思能力を中心に
  • 意思能力が損なわれた病人の医療決定—臨床、倫理、法律の枠組みの挑戦と研究検討
  • 「病人自主権利法と意思表示能力を論じる」--台湾のアドバンス・ケア・プラニング実務経験から出発して

法学論述

  • 仮想通貨取引に関する法改正へのアドバイス--日本の《資金決済に関する法律》の紹介
  • 暫時状態を定める処分制度の会社経営権争奪における実務運用の紹介
  • 台湾の職業病の認定と鑑定制度を論じる(上)
  • 信託収入の過少申告・申告漏れの処罰-所得稅法第111条の1第1項及び第3項を主に討論(上)
  • Third-parties in International Commercial Arbitration - Analysis on the Group of Companies Doctrine (II)
購読を希望される方は、次の三つのリンクから一つをお選びになって、お申込みください。
元照出版-月旦知識庫
法源法律網
華藝線上圖書館
前の記事 一覧に戻る 次の記事