2019-09-23

新しい台湾バージョンの支払いエコシステムが、来年登場します。

電子決済と電子チケットの統合を目指して、金融監督委員会は電子決済機関管理条例草案を予め公告しています。この条例によって、電子決済機関が以下の斬新な内容を業務とすることができます。
  1. ギフト券の金額を保管するサービスの提供に加えて、発行、販売、および償却も支援します。
  2. 店舗間でのボーナスとポイントの統合、または相殺。
  3. 情報システムおよび機器の計画、構築、保守またはコンサルティング。
 
組織間の共有プラットフォームを中心に、クロスインスティテューションや別の取引経路を推し進めていきます。
現在、さまざまな業者が申し込みを始め、将来少なくとも29社の電子決済機関が出現しそうです。
業者の支持に基づいて、新たな法案は2020年に改正し、施行される予定です。
前の記事 一覧に戻る 次の記事