2024-07-08

欧州委員会は現時点でアップル社のApp Storeの規約が市場独占に関わると認定

欧州委員会は現時点で、アップル社のApp Storeの規約は、アプリ開発者が消費者に別の支払い方法を案内することを妨げているため、デジタル市場法に違反していると認定した。
 
デジタル市場法は大手テクノロジー企業の独占を制限し、公正な競争を確保することを目的としている。
 
アップルは開発者に対し、アプリ内でアップルの支払いシステムで支払うよう制限している。
 
この行為が市場の独占であると認められた場合、アップルは最高で全世界の年間売上高の10%の罰金を受ける恐れがある。
 
本件は欧州委員会が初めてデジタル市場法により、会社の違法行為を指摘した案件でもある。
前の記事 一覧に戻る 次の記事